エロ(えり)可愛い姉さんのランジぇりィ

原色系な高校時代。パステル系な大学時代。 黒系なOL時代。今?基本オールマイティ(ランジぇりィの色的な意味で)

2007年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年10月

≫ EDIT

052、両手でギュッ☆

よくサ
コンビニやファミレスで お釣りをサ
両手を添えてネ 相手の掌(手のひら)を包み込むようにして
手渡してくれる店員さんっているよネ~♪
って
カレとハナシしてたら



カレ「あの感触がうれしくってサ~ また その店にいってしまう悲しい男の性(さが)」
えり「やっぱ うれしいモンなんだ~?」


カレ「あのな よく聞けヨ~
  そのバイトの店員の女の子がサ
  学校帰りの 制服のままのバイト直行 みたいな雰囲気で
  白いブラウス ミニスカ 紺ソックス …の三種の神器!(←?)
  その上に バイト用の膝丈のエプロンだぜ!
  その格好だけで すでに「お兄さんヤラレてるゼ」状態なのにさ

  お釣りを手渡される時に
  ニコ~~ッとか微笑まれた状態で
  両手を軽く ぎゅっ♪ なんて握られてみろよ~~
  
  
  オレ その店 連日通っちゃうって!!!

  ただサ
  次に その店行ったときにサ
  全然別のバイトの女子高生に当たっちゃったりして
  お釣りを無愛想に 釣銭用のトレーに置かれちまった日には もう!!!

  なんつうかサ あの虚脱感!!!
  もう この店イカネ!!!くらいのイキオイだっつうの!!!」


えり「つうか 長い!   しかも  よくワカンナイ!!!」





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

たま~に利用する 会社の近くのコーヒーショップ

いつも立ち寄る朝の時間帯に レジにいる女の子
たぶん19~20歳くらいだと思うんだけど
背が低くて なおかつ ちょっと童顔でネ
目がクリッとしててサ


受け答えがすっごくハキハキしてて
仕事もテキパキこなしてて
でも 常に笑顔を絶やさないコなのサ


そのお店はネ スタバやマックみたいに
先にレジでドリンクを選んでお金を払い そのまま席に着く
…そんなシステムなんだけどネ


ある朝 そのコーヒーショップに立ち寄って 軽くモーニングブレイク

席に着いたえりサン
特にすることもなかったんで 座って コーヒーを飲みながら
そんな忙しく立ち働く彼女を 何気なく ボ~ッと見てたのサ…


彼女ネ…
ニッコリ~~♪っていう スーパースマイルと
「ありがとうございましたぁぁぁ♪」っていう
可愛らしいグリーティングで お客さんに対応してるんだけどネ

お釣りの渡し方がネ…
小銭とレシートは 必ず釣銭用のトレーに置くのサ
まあ ごくごく稀に 差し出された掌に置くこともあるんだけどサ



そんな彼女をホケ~ッと眺めていたえりサン…





あれ?
そういえばサ
さっき えりサンが お金払って お釣り受け取ったトキって…





お釣りを受け取ろうと 差し出した左掌
ごくごく自然に 彼女の左掌が 下から優しく添えられてきて…
右の指先で お釣りの小銭とレシートを手渡しながら
軽~く優し~く
両掌でぎゅぅぅぅぅって
差し出した えりサンの左掌を
包み込むように 握り締めたのサ…
…その間 一秒にも満たなかったけどネ


ちょっと華奢な そして肌理(きめ)の細かそうな 白い手指
飲食業らしく 短く切りそろえられた爪
ごくごく薄~く目立たない 透明なピンクのマニキュア…


上目遣いの 濡れて潤んだ瞳… 間近で見ると思ったよりも睫毛長いナ~♪
リップが薄く塗られた ちょっと肉感のある下唇
透けるような白い肌に ほんのり桜色の頬
耳朶に 控えめに光る小粒なピアス
「あ…ありがとうございますぅ♪OO円のお返しになりますぅ☆」
って いつもの 舌足らずなカンジの声


う~ん なんとも言えない 百合系な気分?








今でも週に2~3回は通うお店なんだけど…
釣銭の受け渡し時には 必ず えりサンの掌を握ってくれる彼女…




今度 ゴハンにでも誘ってみようカナ…

| love | 22:02 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

048、タフ・ネゴシエーター

「タフ・ネゴシエーター」と呼ばれる人たちというのは
実に多種多様な心理テクニックを使って 交渉事を進めていくそうです

豊富な知識と流暢なトークは 当然必須で
ソレを際立たせるために
効果的な場面で 数秒間の『沈黙』を いかに使いこなせるか!
というのが 結構重要なんだそうです

その「饒舌」と「沈黙」を上手に使い分けながら
その場に最もふさわしいテクニックを織り交ぜて
交渉相手から有利な条件を引き出していくそうです

ただ やはり相手は生身の人間
最後の最後ではメンタルな「ここだけは絶対退けない(譲れない)!」
みたいなモノも 結構重要なファクターではあるそうですヨ


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

高校時代ず~っと続けてたファミレスのバイトも
大学に入って引退…
でも近所だし よく友人とお茶しにいったりはしてたんですよ~☆

えりサンが大学2年の頃
そのファミレスの接客のリーダー格だったのが「大輔クン」


高3だから えりサンの2コ下
えりサンと同じ中学卒ってコトで 結構共通の話題なんかもあって
普通に 接客されながらも 友達っぽく会話なんかもしてたのサ


ジャニーズ系の顔立ち
スゴイ仕事のできる男の子で
高校生のクセに 店長のサブって感じで
学校の先生を目指してるらしく カナリ理知的な雰囲気
背が えりサンと同じくらいで 男の子としては ちょっと小さめ
でも 仕事もできるし お客さんや 他の従業員からのウケもよかったみたい…

まあ カッコいい弟…?ってカンジだったかな~
連れて歩いてたら ちょっと自慢できるカナ…ミタイナ?


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ある晩
そのファミレスで 深夜近くまで友人と喋った後
お店の前でバイバイして
…テクテクと ちょうど お店の裏手あたりの道を歩いてたら

「あのぉ… えりサン」
って声掛けられて
…「えっ?」って振り向いたら
さっきまで接客してくれてた大輔クン

えり「あれ~ 大輔クン??どうしたの?」
大輔「あの …えと 」

えり「え~?結構前に上がった(退勤した)んじゃなかったっけ~?」
大輔「えと …ですね」



えり「…?」
大輔「い いきなりでスミマセン!!!
  実はず~っと前から えりサンに ひ・一目惚れしてました!!!」


…え
ええええええええええええええええええええええええええええええええええ
ななななななななななななななななななななななななななななななな

ちょちょちょちょちょ
なになになになに?

イキナリすぎない~~?
ストレートすぎない~?
直球ド真ん中すぎない~?
…このために ずっとえりサンが来るのを待ってたんだって~!ヒャ~☆


えり「え …あ  そうなんだ  ありがと」 かなりアセり状態…
大輔「えりサンは今 カレシとかいるんですか?」

畳み掛けるね!
若さでグイグイくるね!
ものすごいパワーで押しまくりだね!



えり「い 今?  いないけど…」
うわうわ!
来る?
来る?
来ちゃうぅぅぅ?


大輔「じゃあ ボクと付き合ってもらえませんか?!」
……う
うわたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたた
どどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどど
どうしよう!
どう返したら良いワケ?
別にキライではないんだけど 年下ってあんまし興味ないシ…
しかもサ イキナリ「付き合ってください」って…

えり「だ だって ワタシ 大輔クンのコト よく知らないし…」   …く 苦しい!
我ながら まあまあの返しだとは思うんですが…
大輔クン 更に上を行きます!


大輔「確かにそうですね
  じゃあ 一回だけでもいいんで ゴハン付き合ってください
  そこでボクの事知ってください!
  その上で判断してもらえませんか?!」

う…うますぎ!

そのまま数秒間の沈黙…
気まずい雰囲気…
困った えりサン…

なんか喋って!…でも黙ったままの大輔クン





えり「えと… そうネ  い…一回だけなら   別に  イイかな」
大輔「アリガトウございます!スゲエうれしいデス!!!!」

…………
ハイ
押し出し喰らいました 圧倒されました
返し技をすべて封じられたカンジでした
その間 わずか数分の早業でした…



☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ちなみに大輔クンとは
その後 ちょっとだけ 付き合うことにはなりまして
(まあ 結構イケメンくんだったしネ)
年下って どんなモンかな~ なんてのもあってサ…

結果的には 2~3ヶ月くらいしか続かなかったけどネ…タハハハ



ココだけのハナシ…
大輔クン えりサンが初めての相手だったんだって…キャ~♪






まあ 初心者サンだしサ
あっちの方では…


逆に 少しタフさが足りなくってネ
ちょっと早業すぎだったカナ~♪

…ドンマイ!

| love | 19:18 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年10月