エロ(えり)可愛い姉さんのランジぇりィ

原色系な高校時代。パステル系な大学時代。 黒系なOL時代。今?基本オールマイティ(ランジぇりィの色的な意味で)

2008年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年04月

≫ EDIT

088、ケイタイ越しラブ

花粉舞い散る高3の春!
進路も決まり
バイトも引退
門限にもそんなに煩(うるさ)くなくなったえりママ
高校時代の内で最もフリーだった時期!
ちなみに当時
一年近くもカレシがおらず そっちの方もフリー(涙)






そんな時期にネ
ダブルデートをしたんですよぉ♪

内訳は…「友&友カレ」カップル プラス
「カレの友(仮名Aクン)+えり」 ←あ…ちなみにコノ2人は初対面ネ


ま~この当時サ
カレシ日照り状態なえりサンを気遣ったのか
もしくは
「ねえ!いいオトコいない?誰か紹介してよぉぉ!
 ホラ~カレの友達とか 誰かいない?!ねえねえ~」
という えりサンの強引なプッシュのお陰なのか
取り敢えず実現した 春休み中の高校生同士の2対2のデート


Aクン…
地元の公立校の3年生
そこそこ背高いし まあまあカッコいいし オシャレだし
会話も軽快でオモシロイし 軽く鼻ピアス入れてるし
ちょっとシャイな…
まあ…かなりイイ感じのメンズくん




その日は4人で 地元サイタマから
都内の水族館行って
ゴハン食べて
ゲーセン行って
プリクラ撮って…
普通に盛り上がりましたヨ…

んでネ
夕方まで遊んで地元に戻ってサ…
駅前の居酒屋へゴー!!!!
みんな そこそこ…飲みましたヨ!!!
Aクンともちょっと距離が縮まって…ちょっと良い(酔い)雰囲気~☆





そのまま店を出て
談笑しながら 4人で商店街を歩きつつ




ふと
友カップルが
「なんかサ~ラブホいきたくない~?」とか言い出して




ええええええええええええ?
そうくる?
いやいや
アナタたちが行くのは全然イイんだけど…



え?
ワタシたちも?
付いていく?
しかない?
そういう雰囲気?
そういうノリ?
付き合っちゃう?付き合……



っても
イイかなぁぁぁ
まあ Aクン…まあまあ 好みのタイプだし(はぁと)

腕を組んだまま 角を曲がって姿を消した友カップル
路上に残され 無言のまま歩く私たち2人







えり「///え~…どぉする…♪」  と振ってみる
Aクン「///えと……どうしよう?か」


えり「///………」
Aクン「///…………」


えり「///…………」
Aクン「///……………どうしたい?」



えり「いや  やっぱ…やめとく」
A「そ…っか」





なんつうの?
そんなコト聞かれたら
考える間もなく!
答えは「ノー」でしょ?
まさか「イエ~~~ス☆トゥギャザーしよゼィ~~~~」
とか 冗談でも言えないっつうの!

今日初めて遭ったんだヨ!
せめてサ
「行こうヨ」とか
「とりあえず…まず いっとく?」ミタイな…
考える余地を与えずに グイグイ畳み掛けてサ
そういう強引なトコがあったら…
う~~~~~ん ちょっとは違ったかも…………ネ~☆







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

結局サ…
色っぽいコトも
エロっぽいコトも全くなく

えりサン
そのまま 一人帰宅しましたヨ!


別にサ!ナニを期待をしていたワケじゃないけどサ!
でもサ!
一応サ!ホント一応サ!
念のため!勝負系の下着!?
べ…
べつに
あなたのためのレースの可愛いヤツ履いてたワケじゃないんだからネ!…
な~んて(笑)
自室で一人 ツンデレってたトコロ




ピロピロピロピロ~♪
とケイタイ着信
画面を見ると 友から



えり「も……もしもし?」
友「えり~?もしもし~大丈夫~?」

えり「え?大丈夫だけど… どした?」
友「なんか今日はゴメンネ~ 二人っきりにしちゃって…」

えり「ううん ゼンゼン!!!楽しかったよ」
友「…今どこ?」

えり「え?家だけど…」
友「そっか~やっぱあの後 別れて帰っちゃったんだ~」

えり「ウン ゴメンね~    って…そっちは?」
友「え?こっちぃぃ????  ラブホだよぉ~☆」

えり「…………」そかそか
友「今ネ!ヤツ(彼氏)シャワー浴びてて~☆ ワタシ軽くヒマなの~」

えり「そ…そうなんだ」
友「Aクン どうだった~?」

えり「どう…って?」
友「クスクス~☆正直に言え~♪」

えり「え~?分かんないよぉ~まあ結構カッコよかったけどネ」
友「脈的にはどうなワケ?アリ?ナシ?」

えり「え~?どうなのかな~?」
って…そんなこんな
色々とムダ話をししていたトコロ
友カレ…シャワーを浴び終わったらしく



友「あ……   ねぇぇぇぇ!!!ちょっとぉぉ!!!やめてよぉ!」
えり「え????」


友「…ちょ!     ダメ!」
えり「なになに?どしたの?」





友「あ…ゴメン
  …いや
  あのネ


 

  なんか 笑えるんですケドォ☆  アハハハハハハハ











 軽く脱がされた★



えぇぇぇぇ!???????????????
笑ってるばあい?



友「ねえええええ!!!ちょっとぉぉ重いよぉぉ
  今えりと喋ってるトコ……なんだ……からぁ  って…モゴモゴ…」


え?
な…
なにかが?始まるの?




友「って     だ だめぇ   ……………♪」




いきなり?!
友「もぉ!!!!………………♪♪♪」
えり「なになに?どしたの?」



友「なんかサ~ ガマンできないって言ってるのぉ…」
えり「え~~~~?ゴメン(ケイタイ)切る?」  ドキドキドキドキドキ

友「……………………」
えり「…………………………」 ドキドキドキドキドキ

友「ぁ……!もぉぉぉ!」
えり「…………………………」 ドキドキドキドキドキ☆



友「……………………  ちょっと!待って   ソコはダメ!…」
えり「…………」 ドキドキドキドキドキドキ





友「……ダ………メって……………………………♪…………」
えり「……………」    ドキドキドキドキドキドキドキドキ





友「…………………………………………」
えり「………………」   ドキドキドキドキドキドキドキ


友「……………………あ♪…………んん……………」
えり「……………」   ドキドキドキドキドキドキドキ



時折 ケイタイ越しに聴こえる




友の呻き声…
友カレの声…
ベッドシーツの衣擦れの音…
「ガタッ」
「ザッ」
「ザザザッ」
「……………………ぁん…………」

恐らく…ラブ行為が始まった…であろう枕元に!
切ったつもりが
通話オン!のまま放置された友のケイタイ…



微かに漏れ聞こえる
物音 声 吐息に聞き入っているワタシ…


えと…
多分この状況はマズイ!

えり「も…もしもしぃ…………」
遠くに聞こえる
「………や♪…………………クスクス♪……もおバカァ………………」


ええええ???聞き入ってていいの?ワタシ?的な状況

えり「……もしもし
  なんか
  電話…切れてない
  みたいだよぉ…   お~~~い」







その数秒後…


ガサッ

ザザザ


プチッ
ツー  ツー  ツー  ツー …(切れたケイタイ)




えり「…………」      ドキドキドキドキドキドキドキドキ…







ちぇッ!








やっぱAクンと
ラブホ行っとけばよかったカナ?    コラッ!

| love | 01:43 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年04月