エロ(えり)可愛い姉さんのランジぇりィ

原色系な高校時代。パステル系な大学時代。 黒系なOL時代。今?基本オールマイティ(ランジぇりィの色的な意味で)

2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

122、白いジャージ

毎年のことなんですけどーー

当然
夏は暑いじゃないですかーー

秋口になるに従って徐々に涼しくなるじゃないですかー
ていうか最近 チョーさむぢゃないっすかー
(と 軽くDAIGO風)




プチ週末婚な えりサンはですね
えりカレの部屋に
何枚かの部屋着を用意しておくんですけどーー
とはいっても
狭い部屋 収納スペースもわずか
あまり多くは置いておくことができないワケなんですね




ちょうど
こんな季節の変わり目
お風呂上りに
薄手のTシャツにに短パンとかで過ごしてたら
夜半近くになって
雨とか降り出したりして…



なんか妙に

うーーー
さむぅぅぅぅぅぅぅぅいいい
とか思ってーーー

ちょっとなんか羽織ろうかなとか思って
他の服を探すワケなんですけどーーー
そんな時に限って カレ家に置いてある部屋着が

タンクトップとか
キャミソールとか
ノースリーブとかしかなくって


結局ー いつも
えりカレの
ダボダボのジャージ(上下)を借りる羽目になるワケなんですね



このジャージ
えりカレが高校生の頃から愛用している
白地に黒ラインの入った
ちょっと大き目のヤツ
ヒザ・ヒジとかオシリの部分とか薄くなってきている
超年季の入ったヤツなんだけど


ていうか
身長180のえりカレにすら
軽くゆったりめなサイズ


そんな大きめなヤツを
えりサンが着ると
それはもう
ダブダブ ブカブカ

普通に着ると
手や足の先とか完全に隠れちゃって
二重 三重に折り込んで やっと手首が見える状態


下は
しっかりヒモを結んでおかないと
どんどん ずり下がってきちゃってサ
油断する松の廊下状態になっちゃうミタイナ?
そんぐらいダボダボなヤツ


もともとカレのモノだったんだけど
毎年この時季に
えりサンが着るようになってから
なんか えりサン専用になりつつあったりしてサ

ナニゲで
毎年お世話になっておりまーーーす☆








ただサーーー
このジャージ…
色が白い上に
使い古してるジャン?
生地が薄くなってきててサーー


透けるのよぉ!



下着が!





黒とか原色とかは 即アウト!
模様とかも すぐ分かっちゃうからサー




その白ジャージを借りてて
カレ部屋で映画とか観てて

カレ「えりー ちょっとさ 冷蔵庫から缶ビール取ってー」
えり「ん~?いいよー」
とかソファーから四つん這いのまま
後ろの
冷蔵庫の扉を空けて物色してると


後ろから
カレ「白黒のストライ~~プ!」
えり「…?」
カレ「透けてますけど…」
えり「/// ギャァァーー」

ってなカンジ?で
モロ透けて見えちゃうワケ!




以前はサ
これ着て近所の
コンビニとかレンタルDVDとかも行ったんだけどサ
透けてる!とかいうのが分かってから
さすがに最近は外には着て行けません!







まあ
ほんと部屋着としてサ
寒い夜とかに上から羽織るようなカンジで
着させてもらってるんだけどネーーー








☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


まー
ワタシタチもね
付き合って何年も経ってますから
お互い そんなにガツガツはしないっすけど…


それでもサ
そこはそれ
やっぱ
若い男女ですシ?




そこそこお互いに
仕事やらなんやらと忙しい身の上なワケで
まあ いつも
おひさの逢瀬なワケっすヨ







やっぱサ
そういう雰囲気になるじゃないですかー(え どんな?





でーーー
普段なら
ベッドの上でーーー

唇を重ねながらも
シャツを脱がされてーーー
スボンを剥がれてーーー

愛(め)でられつつも
背中越しにブラを外されーー

腰に廻した指先に
おパンツを剥がれーーー

気付いたら
キャァァァ~~♪
なんも着てない~~☆


てな流れ?




なんだけどサーーー









その日はーーーー




ダボダボなジャージに身を包んでいる
そんな えりサンなワケですよ
寒かったしサ






ベッドの上に仰向けにされてサー
えりカレがサ
フッって感じで 上に乗っかってっくるワケでしょーー?

軽く唇付近を重ねあいつつ
色々されるじゃないですかーー(何を?



そんなトキにネ!!!




枕元に置かれた
カレ携帯がブゥゥゥゥゥゥンとかなるワケ

でもそんなの
ガン無視で
鼻息フンフンしながら
普通にジャージの上着を脱がされてーー
そのまま
勢いでTシャツも脱がされてー


そろそろーーー?かと思ってたらサ

再度
カレ携帯がブゥゥゥゥゥゥゥゥンとかなるワケで


カレ「もう…!    ちょっと待ってて」
とか言いつつ携帯をオープンするワケ





カレ「ハイ もしもし?

  え?
  おー ひさびさじゃんーー



  今?

  まあ   
  いいけど  なに?




  うん  うん



  ああ それはサ…」


とかサー
昔の友人かららしいんだけど
なにやら
会話が始まるワケね…



こっちはサ
ベッドに放置されてるんだけどサ



要はサ

寒いのよぉ!!!




ジャージもシャツも脱がされて
このままTシャツを着るのも…ナンかなーとか思って

なんか電話も長くなりそうだし…

普通に
枕元にあったジャージの上着を手にして
そのまま袖を通すワケ…
その間も なんか色々と携帯で話し込んでてサ


いつまでも喋ってるから
ベッドに横たわったまま背を向けて
このまま寝に入ろうかなーーとか思いつつ

なんかサ
下着に直ジャージって…
なんか初体験…
少し心地よかったりしつつ


カレ「うん  じゃあ そういうコトで
  

  うん


  うん
  了解



  じゃ」



『じゃ』ぢゃないよぉぉぉーーー!!!
いつまで放置してるんだよぉぉぉぉーーー
とか 軽く拗ねつつ
もう眠いんですけどーーー
とか思ってたら





電源を切って
枕元に放り投げられたケイタイ


いきなり!!!
上に乗っかってきてマウントな状態になったと思ったら
そのまま
左右から
ワタシの腰から脇腹をスルーして
ジャージの中に侵入してくる
カレの両腕




そこから
ススススって
上に登って
両サイドから二の腕を持ち上げられ
バンザイの格好にさせられたと思ったら
そのまま背中に回した両手が
ソッコウ プチッって外すワケ!
背中の   ブラのホックを☆


えーーー///!!!
とか思ってたら
そのまま
胸元からブラを外されて
器用にシュルシュル~~って色々動いて
袖口から紐を外されて
気付いたら
キレイに外されてるワケ
ジャージを着たままで ブラだけを




そのままサ
今度は腰周りから
下方向に手先を移動してくるワケ



たまたま
サイドがヒモで結んであるヤツを装着してたんだけど
バーバリー柄のサ ちょっとオキニなヤツね…






そんなバーバリーのぉ///

結び目をぉ///


きゅぅぅぅぅぅぅ
とか引っ張るのよぅ♪



って こらぁ
解(ほど)けちゃうぢゃんかよぉ
って言ったら

え?
これって解(ほど)いて脱がすモンなんだろ?



とか
もう
まあ そうではあるんだけどーーーーーー///





下半身を捩(よじ)りつつ
抗(あがら)いつつ
でも
甘美な指先の動きに従いつつ




気付いたら

両サイドの結び目が解かれ


ベッドサイドのフローリングにポイッって






ちょ///
って…
素肌を覆うのは
上下のジャージのみィィィィィィィィ♪




そのまま
ジャージの上から
激しく動き回るカレのイタズラな両手指




なんか
ヤバッ!!!!



直(ちょく)じゃなくって
薄手の
ジャージ越しっていうのが…





妙に
ヤバい///

妙に
燃える///

妙に
ヒットエンドラ~~~ン♪

どんな
ソフトSMーーー///








まあ
最後には結局
全部剥ぎ取られるんだけどサ






シングルベッドの上
両手首を
アタマの上で掴(つか)まれてサ



緩やかに動く舌先は耳元

股間に片脚を固定されて

完全身動きの取れない状態でサ

下着は上手に外されて///

だから
完全生まれたままな格好なんだけど


でも
ザラザラした裏地の
ダボダボなジャージを
全身に纏っているワケ





そんな薄い布一枚が全身を覆った状態で
色々されちゃうとサ




結構
ヤバめーーーーー!!!

ボルテージ
高めーーーーーー!!!                …お互いにネ








もうサ!

翌日
ちゃんとお洗濯しときましたよ







裏地
汚しちゃったからサーーー///(テレ笑)











今度 シルクのパジャマ買いに行くんだ~♪
ちょり~~っす♪
スポンサーサイト

| love | 00:15 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

121、ジーニスト

時事問題についてはあまり詳しくない
そんな えり姉さん

最近
どんどんテレビ離れが加速しまくりで
毎週欠かさず観ている『サンデージャポン』で知識を得つつ
なんとか 辛うじて世の中の動きに
追いすがるカンジの
そんな社会人ではありますが(笑)




まあ
それでも
AIGへの公的資金投入にホッとし(保険に加入してるのでーーー必死)
大相撲の大麻問題!(いや それよりも琴欧洲のブログ 萌え~~♪)
金正日死亡or重病説?(社会主義国家で世襲ってスゴイよね)
くらいな関心はありつつも



でもネ
一番気になるのは
やっぱ事故米不正転売の事件!


このブログの読者は
ほとんどが社会人の方だと思うので
イチイチ詳細を説明しなくってもご存知かとは思うけど


まあ
最初は行き過ぎた「儲け主義」?みたいなカンジで
「三笠フーズ」の社長が糾弾されてたんだけど
よくよく調べてみると
なんか農林水産省…が…不正を黙認していた?
いやいや むしろグルだった?



ええええ???
なんかサ
雲行きが怪しくなってたんじゃないーー?
とか思ってたら




農水省(ナンバー2の)事務次官 辞任!!!
更に
(ナンバー1の)農水大臣 辞任!!!


コラコラ花束受け取って笑顔ってる場合じゃないでしょうがぁぁ!!!
ていうか
じゃあ この問題
誰が責任取るわけ?
あーー そもそも 首相が不在か…あ まだ辞めていないか(笑)




まあ
この件については
散々ニュースになってるし
多くの方がいろいろなメディアで語ってるでしょうから
ハンパな知識のワタクシが
物知り顔で論評するのは避けたいと思います



ただ
今回思ったのはサ






最近ちょっとサ










農水大臣…
辞任しすぎぃぃぃぃぃぃ!!!!!







ここ一年半くらい(?)で
松岡大臣…自殺
赤城大臣…辞任
遠藤大臣…辞任
太田大臣…辞任 ←今ココ

なんてネ
ふと思い浮かんだフレーズがサーー








ジニン党




あと











ジーニスト!!!
な~~~んて?(自ら苦笑)


とりあえず
3回クリアー(?)で
あと2回で殿堂入り!!!
とか思ったりして?
(ベスト・ジーニスト賞ね)





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

まあ
ここまで書いちゃったから
もうちょっとイキオイで書いちゃうけどサーー



J民党総裁選に立候補している某候補が
「このたび 衆議院議員選に立候補いたしました〇〇でございます」
とか言ってるのを聴いて
オイオイ!違うっしょ~?やる気あるの~~?
まあ どうせ出来レースなんだろうなー とか冷笑してみたり

「M村派は結束力が自慢!A生票にほぼ固まる!せめて幹事長ポストはわが派に!」
うわ!
イマドキ まだ派閥とか言ってたりするんだね?
アナログー♪とか思ってみたり

そんなドタバタを見てると
今回くらいM主党にやらせてみる?
みたいな気持ちにもなっちゃうよネーーー


まあ
もうすぐ選挙になるんだろうけどネ




お願いだからサ


日曜日の夕方
早めにお風呂に入って
ヒトが部屋で寛(くつろ)いでるところに
いきなりピンポーンとか来てサ!

ママ「えりーー!中学のときの後輩のXXチャンよ!」
えり「えーー?なに~?ちょ今 お風呂上りでスッピンなんですけどーー!」
ママ「いいから早く出なさい!」
えり「うーーー」
とか もう取りあえず前髪で 麻呂状態な眉毛を隠してーー
仕方なく
玄関に出たトコローー

えー?何年ぶりだったっけ?中学卒業以来だっけ?
とか思いつつ

後輩「えりせんぱ~い 今度の選挙 △△党をよろしくおねがいします~」
うひゃ!きたーーーーーー
後輩「△△党はデスネ あんなコトやこんなコトで国民のために頑張ってるんでス!」
とか玄関先で熱弁をふるわないでーー
後輩「なにか質問とかあります?」
え?
質問?


それよりもーー













早く解放して!!!その一心!
まあ
某与党なんだけどね

「う…うんー 分った~」とか
一応は言いますけど!!!
ワタシは
自分で選んで投票しますから!
お願いだから
選挙に 義理人情を持ち込まないでーーー
とか思う今日この頃
皆様いかがお過ごし?



普段からユルユルなこのブログ

たまにはサーー
『きっこのブログ』っぽい雰囲気で
ビシッ!!!的な内容の記事を書いてみたものの






そこは
やっぱり えり姉さん

イマイチ世相を斬りきれていない
どうもグダグダ




そんな
ユルさがこのブログの持ち味~~~♪(強引なマトメ!)







まあでもサ
短期間にトップが辞めまくりってサ
きっとなんかあるんだろうねーー


伏魔殿 昔外務省 今農水省」(字余り)




たまに政治っぽいコトを書くといつもユルユル
85、プリンな言い訳

| love | 00:45 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

120、ミュールとパンプス

「スラムダンク(SLAM DUNK)の最終巻が読みたい」

そう
あなたが言うから
その日は
スラムダンク最終巻記念日
…と まあ
「サラダ記念日」っぽく始めてみましたが   特に意味はないです








今年の夏
超真夏日!超熱帯夜!夜十一時頃!
えりカレの家の
近所の
駅前の焼き鳥屋さんで


不意に そんなコトを言い始めるワケなんですよ
えりカレさんは

銀杏串焼きをハムハムしながら
3杯目の中ナマをゴクゴクしながら
ホロ酔いの両目をウルウルさせながら
『スラムダンク』の最終巻について
微に入り細に入り 熱く語り始めるワケでして
しかも
えー もうそれ前に聞いたって…テキナお話なんだけどね

適当に相槌を打ってたら
なんか
その気になっちゃったらしく

カレ「ちょっとさ 今から行こう!ネカフェ!」
えり「えー?今から?行ってどうすんの?」
カレ「無性に読みたくなった!」
えり「いや 軽く眠いんですけど」
カレ「眠くなったら その場で寝ちゃえばいいし」
えり「えー?」
カレ「どうせ 明日も 仕事休みだろー いこうぜー」

てなカンジで
ホロ酔いなカレに引き摺られて
駅前の 24時間営業のネットカフェに行ったワケですよ






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


久々に入るネカフェ

レジに立つ 純朴そうなアルバイトの店員さん

深夜に近いってコトもあって 照明の落ちた暗めの室内
よく効いたエアコン
時折個室から漏れ聞こえるキーボードをタッチする音

勿論二人でカップルシートに直行



個室の前でクツを脱いで
20センチくらいある段差を上って
タタミ2畳分くらいの個室に入りまして

カーペット敷きの床面
二人がゆったり座れるフカフカなソファ
脚を伸ばして座れるスペース
パソコンディスプレイ(兼テレビ画面)が2台と
手前のデスクにキーボードが2つ

個室の仕切りの高さは
1、5mくらい?
立てば周囲が見渡すことができるけど
座るとナニゲで周囲からは死角になる…
扉を閉めると ほとんど外界からはシャットアウト




えりカレは
目的の「スラムダンク」の単行本と
ヤングなんとかっていう週刊誌を持ち込んで
早速読み始めるワケ

まあ
付き合うしかないナー
とか思いつつ
こっちも雑誌を読んでたワケなんだけど

ほんの数分で


カレ「ワリィ なんか眠くなってきた」
えり「はぁ?じゃ 家 帰る?」
カレ「少し寝る」
えり「えー?」
とか

気付いたら
もう
ヒトの肩に凭(もた)れて寝に入ってるワケ




まあサ
お互いにお盆休みで
明日も仕事はお休みだしサ
外は連日の熱帯夜だし
両隣の個室も静かだし
タバコのケムリも漂ってこないし(いつも ホント辟易するんだよネ コレが)




でまあ
最悪ココで軽く仮眠をとってから
早朝 カレ家に帰ればいいか
どうせ歩いて10分くらいだし

そんな風に思いつつ
カレをヒザ枕しつつ
雑誌を読み耽っていたワケなんですけどネ








この広い
恐らく数十人の人がいるであろう
この店内
各々が
マンガや雑誌を読んだり
pcに向かっていたり
仮眠を取っていたり

まあ さまざまなんでしょうけど


とにかく
とても静かなんですね

稀に
お店の入り口扉が開閉して 
扉の鈴がチリンチリンとか微かに鳴って
「いらっしゃいませ」とか
「ありがとうございました」とかの店員さんの声

それくらいしか聞こえない
そんな静寂な世界


照明も
深夜十二時を過ぎると一斉に落ちて
通路付近以外は かなりの薄暗さ




あ~
ヤバイ
こっちも
なんか眠くなってきちゃったナ~
でもさすがに ここでは寝たくないな~
とかネ

静寂の中 一人
様々な葛藤と戦っていたワケなんですヨー







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

突然ネ!
それを突き破る猛者が現れたんですよ







チリンチリン





お店の入り口の開く音がして
なにやら
店員さん(男)とお客さん(女子×2名)のやりとり


訥々(とつとつ)と喋る店員さんに対し
キャハハハ オッケイオッケイ ワカッタ了解~~~♪
的な雰囲気の女子2名





そのまま
受付を済ませ
静寂が支配する店内に
一気に雪崩れ込んでくる黄色い声×2


「え~ちょっとマジ~ 軽く酔ったネー」
「あれー 部屋ゼンゼン空いてねーーシ」
とか
超 柳原可奈子テイストのJK風な会話
かなりヒンシュク気味な大声を発して
通路を歩くカノジョたち

さらに!

カツコツカツコツ
ジャラジャラジャラ
カツカツ カツカツカツカツ
ジャラジャラジャラジャラジャラジャラ

二人分の
小刻みなヒールの音と

幾重にも巻かれたネックレスのチェーンや
手首に巻かれたブレスレットとかの
多くの貴金属類の擦れ合い響きあう音が
会話以上にヤカマシイわけ!




「あ ねえねえ 〇〇子~ ここ空いてるヨ」
「んじゃ ココにしとく?」
「うん いいじゃん」
「ラッキィィィ~~☆」




うわ!!!
よりによって
通路を挟んで
真隣ぃぃぃぃ!!!!




カツカツ コツコツ
カチャカチャカチャカチャ
「ちょ なんかここ狭くない?」
ガシャガシャ
「ねえ ちょっとそっちに詰めてくれるぅ?」
ジャラジャラジャラジャラ ドスン
「暗いヨ!電気どこヨ?」
ガチャガチャ ジャラジャラ
「あーー まじハンパねぇー 飲みすぎた」



もう!
うるっっせーーーーーーー!!!
とか思いつつ


まあ
どうせ
しばらくしたら静かになるんだろうなー
くらいに思ってたんですけどネ



それでも
しばらくは 甲高い声で色々と喋っててサ
もう
会話や音が丸聞こえなワケね
一応ヒソヒソ声で喋ってるつもりらしいんですけど…



A「ねえねえ これってサ…」
B「あ ちょっと待って 見て見て  これ …」

A「………」
B「………」

A「えええええええええ!ヤバくないコレ?」 
B「うんうん  超ヤバいよね!」

A「……うわぁ  ♪まぢぃぃぃ??」
B「…すごぉ☆」






なんて具合に
そこそこヤカマシかったんですけどネ

それでも
しばらくしたら
徐々に静かになってサ

もともとの静寂な空間に戻ったワケだしー
やれやれ とか思ってたらサ



不意に
チャリーンとか
カノジョたちのカップルシートから音が聞こえて

なんか
カギ?イヤリング?
みたいな金属が床に落ちた音
部屋から廊下に転げ落ちたらしく



ここのカップルシートね
扉の下が10センチくらい 隙間があるんですよー
ソコから覗くと
通路や
通路の向かいのカップルシートのー
一部分が覗き見れるワケなんですよ


そこで目にしたのは
向かいのカップルシートから
スーッと出てきた細身の右腕

手首に巻かれたシルバーのバングル
人差し指にも大き目のシルバーリング
長く豹柄の付け爪

一人の女子の手が伸びてきて
その貴金属(?)を拾って
そのまま
引っ込めたのね


ていうのが
ちょうど こっちの扉の下の隙間から見えてさ






なんか
興味本位でネ



そのまま
すこし屈みながら
隣の
カノジョたちの個室を
チラッって覗いて見ちゃったんですヨーーー

いや
ほんと何の気なしにネ
ヒマだったし







通路を挟んだ真隣のカップルシート
部屋の前の通路
靴をおくスペースに
無造作に投げ置かれた
ラメ入りのシルバーのミュールと
ピンクのパンプス





声やファッションから察するに
恐らく
十代後半くらいの女子2名






閉じられた扉
でも 下に10センチくらいの隙間
そこから垣間見える
フカフカのソファーの端

奥に
その女子二人が並んで(?)座ってるんだろうケド
こちらから見えるのは
手前に座った女子のみ


その女子の腰下あたり
デニムのショートパンツから
スラッと伸びた細長いナマ脚

そのデニムっ娘が
胡坐(あぐら)っぽい格好で座っててサ

残念ながら(?)
見えるのは それだけなんだけど



そのカップルシート内に
微かに灯る室内灯
その光が
うっすらと作る
カノジョの足下の影



そのデニムっ娘に
徐々に覆いかぶさる
ラメ入りのストッキング&ミニの段々フレア


え?
なに?






そのままの状態で動かない
というか応じてる
デニムのショートパンツ
上にのっかったままの
フレアのミニ
カチャカチャ チャラチャラと
時折聞こえるアクセサリーの響く音



周囲から死角となった そのカップルシート
ナニが行われているかは
周囲の人間には全く見えない状況!
でも
真上から浴びせられた
微かな室内灯が

カノジョらの足下に
描き出す
影絵







まさに



女子二人が
お互いの上半身を
まさぐり
触れ合い
確かめ合い
絡め合い
もつれ合い




そんな情景…






ワ!
ヤベ!
とか思ってサ


さすがに見ちゃヤバいかな!とか思ってさ
(聞き耳だけは立ててたけど…笑)
特に
その後は目立った音は聞き取れませんでした(残念)






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

結局
朝5時くらいになって
寝ぼけたままなカレを引っ張りつつ
カレ家まで帰りましたよ

寝不足だったんで
昼間まで熟睡しまくりましたけどネ







ていうか










カノジョたち



なにしてたんでしょうネ?   クス♪









えり「スラムダンク…そんなに読みたいなら買っちゃえばいいじゃん
  わざわざその度にネカフェにいくなんて」
カレ「いやー 買うなら全巻揃えないとさー」
えり「なら 揃えればいいヂャン」
カレ「そこまでして欲しくない」

あっそ

| love | 02:10 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

119、92

最近はほとんどやっていないんですけどー
ネットゲーム…ていうか「ハンゲーム」なんですけどね
にハマった時期がありましてー


まあ ゲームって言っても
ババ抜きとか ビンゴとか 大富豪とか?
そんなシンプル系なゲームくらいしかしないんだけどネ
むしろ アバターが超カワユくて大好きでして





このハンゲームって
ネットを通じて対戦ゲームをしながら
お互いにチャットで会話ができるようになってるんですね
※チャット=ネットワーク上で、テキスト(文章)を入力してリアルタイムに会話をおこなうシステム(『Wikipedia』より)


でも
チャットっていっても
大抵は開始時と終了時に
「お願いします」と「ありがとうございました」
って言うくらいなんだけどサー


たまにサ
対戦する相手がサ

ゲームそっちのけで
ナンパっぽい会話を仕掛けてくる男子だったりすることもあるワケ!
…多分中高生くらい なんだろうけど


まあ
そういうのは
大半は無視してゲームを続けるとサ
相手も諦めて
無言のままゲームが進行していくんだけどネ…


中にはシツコイのもいてさー






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


男子「こんばんは」
えり「よろしくお願いしまーす」

と 挨拶を交わし
今からゲームスタート!!!
ファイッ!!!

…とか思ってたら



ソッコウ!

男子「 お姉さん何歳?
  彼氏いるの?今どんな下着はいてるの?
  エロい?エッチって週何回くらい?








いきなりカイッ!!!

こういうサ…
顔が見えないのをいいことに
チャット上で
好き勝手喋りちらしてくる輩…
結構いるんだよね~


で?
なんすかぁぁ?????(溜息)
年齢?カレシの有無?どんな下着?エロいかどうか?エッチの回数?
聞きたいの~?
知りたいの~?
興味あるの~?







えぇぇぇぇぇぇっとぉぉぉぉぉぉぉ(はあと)
 ココロもカラダもピチピチのぉ
 永遠の18歳でぇぇぇぇぇぇぇぇすぅぅぅ♪

 カレシー?いるよ~☆
 超スケベなのぉ♪だからぁ二人っきりのトキとかぁ
 いろんなエッチな格好させられるのーー

 あとぉ 下着?
 えっとぉ♪ 今 履いてるのわーーー
 スケスケのぉぉ ヒラヒラのぉぉ ギリギリぃぃぃ  キャ~♪

 エロいかって?
 もうOOとか ××とか □□とか
 大好きで大好きでーーー

 エッチ…///?
 月1~2回くらいかなぁぁ?
 だってカレが忙しくってサッ☆クスン(涙)
 仕方がないからサー 週に3~4回はサー
 カレとの■■を想像しながらぁー
 ひとりでネ…クスクス(はぁと)
 』



…とか言い放っちゃおうか~?おにぃさん!
…ってな妄想をしながらも
飽くまでも妄想ですからネ!!!誤解しないようにネ!!!


しばらく無視して
ゲームを続けてたんですケドね




男子「ねえねえ何歳?
  お姉さ~ん!!
  お~い!!」



って…
ホント
しつけぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!
もう!!!
ゲームに集中できないでしょうがぁぁぁ!!!





おっけい!了解!
わかったヨ!

もういいヨ!
相手してあげるヨ!!!



男子「ねえねえ 姉さん~~~ 無視しないでよ~~」
との問いかけに






えり「…年齢~~?  知りたいの?」
男子「おっ♪♪♪(満面の笑み)









    うんうん 教えて教えて~☆」




えり「ぢ ぢつはネ…」
男子「うんうんうん」



えり「あのね………」
男子「うんうんうんうん………」



えり「ここだけのハナシ……………」
男子「うんうんうんうんうんうん………………」












えり「92歳ですぢゃ
男子「…………………




えり「ごほっ ごほっ ごほっ
  …やれやれ 季節の変わり目は
  咳が止まらなくてかなわんわい」
男子「…………」





えり「孫が12人おりますぢゃ
男子「………」





えり「ネコを8匹飼っとりますぢゃ」
男子「…
 
  って…
  
  オレのこと
  からかってるでしょ?」







えり「うさぎも3羽飼ってますぢゃ」
男子「あ…


  あのさぁ ウルサいよ!」








えり「うさぎはO『羽』ですぢゃ!!!!!


  O『匹』は間違いですぢゃ!!!


  タンスはO『棹』ですぢゃ!!!
     

   ……ごほっごほっ」






男子「アッタマおかしいんじゃねえの!?」
えり「タンスで思い出しましたぢゃ




  こないだテレビで映画を観ましたぢゃ…
 

  えっと たしか
  シャル・ウィ・ …





  ……えっと




  シャル・ウィ …」
男子「……シャル・ウィ・たんす?』


   
  







えり「ツマラナイですぢゃ







男子「おめぇが言わせたんだろうがぁ!




えり「なんですかなぁ?
  年寄りなので耳が遠いんですぢゃ



  リウマチも患っとるですぢゃ
  孫は17人ですぢゃ
男子「え?さっきは たしか   12人って……」











えり「こっちは母方の孫ですぢゃ」←意味はナイ!
男子「…………は   …はぁ」





えり「『マゴにも衣装』の『マゴ』は
  『タマゴ』からきているらしいですぢゃ」  ←ウソだからネ『馬子』ヨ!
男子「………」


えり「ゴマは体にイイですぢゃ」
男子「…………」

そろそろゲーム終了が近づいてきた頃…







えり「さ~~~て
  もう1ゲームやろっかな~~~???
  一緒にいかが~?」
男子「…………いや   もういい…」
そのまま黙って男子退出…


あららら♪
残念~☆
もうちょっとおハナシしたかったワ~♪




きっとシャイなのネ♪
ワタシと同じ~~~♪




ですぢゃ











これがハンゲームの「えり姉さん」のアバター
eri0043.jpg

| love | 00:15 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。