エロ(えり)可愛い姉さんのランジぇりィ

原色系な高校時代。パステル系な大学時代。 黒系なOL時代。今?基本オールマイティ(ランジぇりィの色的な意味で)

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

≫ EDIT

200、タブーなテーマ『政治・宗教・野球』

この「ero(eri)可愛い姉さんのナイショ話」も気付けばスタートから、もうすぐ丸三年。エントリーも200個目となりました。好き勝手に書き散らしただけの、こんなブログをこれまでご愛顧くださった方々、本当にありがとうございました。


『政治』
『宗教』
『野球』について、
書くと揉め事になる可能性が高いため、極力書かない方が良いとされているテーマだそうです。えりサンはほら、超ビビりなもんで、揉め事とかイヤですから、なのでこういった話題には、これまで愚直にノータッチで来たわけなんですが。でもネ、キリもいいし、たまにはこういうこと書いてもいいかなー、なんて思っちゃっいましてネ。軽くビビりながらも書かせていただきました。
万が一揉め事が起きて、これが最後の記事になったらスミマセン。

では、





☆☆☆ 政治について ☆☆☆

ていうか、昨今の民主党の違法献金…つまり「政治とおカネ」の問題について。
小沢幹事長の秘書が逮捕されちゃったとか、鳩山総理が母親からの献金を内緒にしてたとか、小林何某議員が選挙前に北海道の教組から多額の献金を貰っていたとかの件。おカネ絡みですったもんだして、政治日程は停滞するは、逮捕者は出るは、とにかく余計なニュースばかりが増えるだけで、超誰得?な問題!まあ、でも自民党政権時代にも、こういう話題ってホント事欠かなかった…っていうか。なので、今回のケースについても、国民感情としては
「またーー??」
っていうのが素直な感情なんじゃないかな?
小沢さんが幹事長を辞めるべきなのかとか、鳩山総理は支持率的にもうダメなのかとか、小林何某議員は離党もしくは辞職すべきなのか、っていう難しい話はわからないのですが。ただ、いーーーっつも思うんですけどー、なんでもかんでも秘書の所為にしすぎジャネ?って。
政治家からいつも飛び出す発言は「知らなかった」「秘書が勝手にやった」っていう言い訳。それってどうなんでしょうかね?道義的云々も勿論なんですけど、一社会人として。
だって、組織で働く人にとって最も大事なことの一つに
「ホウレンソウ」
ってものがあるじゃないですかー。「ホウ(=報告)」「レン(=連絡)」「ソウ(=相談)」ね。社会人ていうか組織人として、常識っていうか超マストなスキルっていうか。「秘書が勝手に」って言い分は、つまり秘書からホウレンソウがなかった!って言ってるようなモンじゃないですかー。そういうのを聞くとサー、ぶっちゃけ、
「嘘つけー!」
とか思いますよ。
だって、お金絡みのスキャンダルって政治家にとっては生命線だと思うんですね。すっごくデリケートな問題で、だからとても神経質になるべき事柄!なので「何かあったら、どんな些細なことでも!即刻、報告・連絡・相談せよ!」って目くじら立てるくらいの問題なんじゃないのかナ?と。それを「知らなかった」だの「秘書が勝手に」だの、ホント白々しいにも程がある!まあ百歩譲って、本当に報告も連絡も相談もされてなかったのだとしたら、そういう組織ってヤヴァいんじゃないんですかネ?そんな大事なことについてお互いに意思疎通が図れない人たちに、国政を委ねちゃっていいんでしょうかね?って思うワケですよ。そういうのはいい加減止めてほしいと思って政権交代したはずなのに、ちょっとがっかり。かと言って、今更自民党に復権させるのもなー、って感じなんでサ。ほんと、民主党サン!がんばってくださいよぅ!



☆☆☆ 宗教について ☆☆☆

海外に行くと、外国の人から「あなたの宗教はなんですか?」って訊かれることがあるそうですネ。多くの日本人は「たぶん仏教…かな」とか「ない(無宗教)」とか「分からない」とか…曖昧な返事しかできないんじゃないのかな?
稀に「〇〇宗です!キリッ」とか「うちはクリスチャンですっ!」とか明確に答えられる人もいるでしょうが、そういう人ってむしろ少数だと思うワケ。多くの日本人にとって、自分の宗教なんてものは意識すべきものではないんですよネ。
えりサンが思うに、日本人の大多数が信仰する宗教って、敢えて言葉にするのならば
「神道」
じゃないのかなー。「神道」っていうと、神主さんとか靖国神社とか、なんか堅苦しいイメージがあるけれども、簡単に言うと「八百万(やおよろず)の神」を信じる思想?みたいな?八百万の神様…っていうのはつまり、山や川や木や草や空気や花や作物や、安産や戦争や稲作や天候などなど有形無形のありとあらゆるもの各々に神様が存在する、っていう考え。
キリストもイスラムも皆、一神教じゃないですか。で、それらと比べちゃってネ、神道にとって「イエス」や「お釈迦様」や「アラー」にあたるものはナニ?とか「聖書」や「コーラン」にあたるものはナニ?とか、同次元に考えるからワケが分かんなくなっちゃうんであって。基本、八百万神=多神教っていうのは、それら一神教とは全く違う考え方なワケで。組織だっているわけでもなく皆神様は同列!っていう思想。
800万の神様の中には「雨の神様」や「土の神様」や「お米の神様」や「戦いの神様」などがいて、それから「天照大神」も「キリスト」も「仏様」も「アラー」も「孔子」も全て含んでいるわけで。
だから、お宮参りや初詣をするんだけど、クリスマスやハロウィンを祝うし、お葬式は仏式だしっていう、海外の一神教の信者から見ると「ナンデモアリ」「無節操」「意味不明」「理解不能」なふうに見られちゃうんだと思う。でも、この思想って実は無節操とかではなくって、寧ろ
「寛容」
の一語に尽きると思うんです。
一神教って他宗派に対して超ウルトラスーパー不寛容じゃないですか。キリスト教でも、カトリックとプロテスタントじゃ全然違うし、それだけの理由(信じる宗派が違う)だけで殺し合いとか平気で始めちゃうし。それはイスラム教も仏教も然り。アラブとイスラエルの問題だって、お互いに相手の宗教・信条・思想を頑なに認めないから戦争がいつまでたっても終わらないし、むしろどちらかが完全に殲滅されるまで、永遠に続くであるんだろうし。
養老孟子先生が著書『バカの壁』内でも言ってたけれど、「相手の立場を絶対に理解しようとしない!できない!」っていう思考が所謂「バカの壁」ってものであり、宗教の対立ていうものはこの顕著な例であると。
でも日本人の信仰する宗教って、他の宗教に対してすごい包容力を持っているんですよね。まず、相手の存在を許容し、自分たちに都合のいい部分だけを選別し、取り込み、咀嚼して、「つくりかえ」(芥川龍之介曰く)ていく。そういう懐の広さ?テキなしなやかさと、強(したた)かさと、図太さみたいなモノをもって歴史上、他宗教の侵入を上手にかわして作り変えながらやってきた、由緒ある思想なんじゃないかな?って思います。(大和朝廷期の仏教、室町末期のキリスト教、江戸期の儒教等々)
「触らぬ神に祟りなし」みたいに、普段は意識しない、ていうかむしろ遠ざけるみたいな雰囲気なのに、「困った時の神頼み」みたいにいざって時には縋(すが)っちゃうし、意識しちゃう。でも、そういうのが結構普通だったりする。こういうスタンス?距離感みたいなものが、古来から頑強に我々日本人の心の中に連綿と受け継がれてきてる独自の宗教観なんじゃないかな?こういう素晴らしい思想の持主であることを、日本人はもっと誇りに思うべきだと思います。キリッ。



☆☆☆ 野球について ☆☆☆

野球…ていうか、テレビのプロ野球中継に対して軽く嫌悪感を抱いております。
最近はなくなったけど、数年前までよくあったんですよ。ナイター中継の延長のおかげで、ドラマの録画が途中で切れてて、地団太を踏んだ経験が…。
別に、プロ野球については全く興味がないので、野球中継の時間はチャンネルを合わせないだけ。で、野球が終わった時間にチャンネルを戻すだけ。のことなんですよネ。こっちのテリトリーに入ってこなければワタシ的にも特に何も思わないんです。ただ、放送時間が大幅に伸びて、その後のドラマの時間帯にずれこんだりされるとね「そんなに、皆が皆、プロ野球中継を観たいなんて思っていませんから!むしろ終わるのを心待ちにしている人だっているんですから!」と激高したこともしばしば。
ま、そういう視聴者の声が多かったのか、昨今はそういうことは無くなったように見受けられるので、まあイイかな…と。録画してまで観たいと思うドラマが減った…ていうのも一因?




☆☆☆ ついでなんで、その他 ☆☆☆

相撲について…
「日の丸」って国旗ですよね。
「君が代」って国歌ですよね。
「相撲」って国技なんですか?明確に憲法か何かで規定されてるんですかね?まあ、そのへんは特にいいんですけどネ。昨今、外国人力士多すぎじゃないですか?特に番付上位陣(横綱とか大関とか)!朝青龍(モンゴル)が引退したって、その後も白鵬(モンゴル)とか日馬富士(モンゴル)とか琴欧洲(ブルガリア)とかみんな外国人力士だし、今一番上り調子なのは把瑠都(エストニア)でしょ?日本人力士!!!もちょっと頑張れ!そのうち国技を外国人力士に占拠されちゃうゾ!

お笑いについて…
「もうすぐ中学生」っているじゃないですかー。時折テレビで見かけるんですけどネ、段ボールに絵を描いて、それを広げて、「タメになるね~~~~」って甲高い声で喋ってるんですけどネ。笑わせようとしてるふうには見えないんだけど、でもお笑いの番組でネタやってるから、もしかしてこの人お笑い芸人なのかな?とか思いつつも、どうもツボが分からない。どこで笑ったらいいのか…というか、それ以前にこの人なんの意味があってこんなことやってるんだろう…って、ずっと不思議に思ってた。まあ、テレビで見かけたらチャンネル変えればいいだけのことなんだけど、でもホント不思議。




☆☆☆☆☆☆☆☆

前回と今回の記事で、ずいぶんと長々と好き勝手なコトを書かせていただきました。ちょっと毒っぽいものも吐き出させていただき、随分すっきりさせていただきました。いつもは、どっちかっていうと当たり障りのないような内容のことを書いて一人悦に入ってたんですけどネ。でも思い切って書いちゃいました。
後悔はしていない。公開はしてるけど…ってやかましーわ。









100個目の時はこんなコト書いてました。
100、『荒らし』という名のKY

| love | 00:08 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月