エロ(えり)可愛い姉さんのランジぇりィ

原色系な高校時代。パステル系な大学時代。 黒系なOL時代。今?基本オールマイティ(ランジぇりィの色的な意味で)

NEW | PAGE-SELECT | OLD

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

191、暖かなベッドの中で

おめぇら、いづまでもいづまでも、調子にのってんじゃねえかんな?
って赤いプルトニウム風なことを書きたかっただけです
意味はありません

どって!しょうがのいじょのいこ!

ホントなんとなく
「だってしょうがないじゃないか」的な意味で
えなりクン風に言ってみたかった
ただそれだけです


そんなえりサンですこんばんは
みなさまお風邪など召されてはおりませんでしょうか?
インフルエンザとか流行ってるようですので
どうぞお気をつけくださいませネ☆





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


最近
超寒いッスねー
夜寝るときとか
ほんと寒いッス
軽く冷え症なえりサンにとっては

冷え切ったベッドに潜り込む時って
結構キツかったりするワケなんですがー

まー
たまに
カレが先に寝てたりしている暖まったベッドの端っこに
モゾモゾ入り込むっていうケースなら
全然問題ないんですけど
逆だとこれが結構キツいわけでしてネ


週末は
大抵
えりカレは
深夜まで…下手すると明け方まで
一人でテレビやDVDを観て過ごすわけでして

一応ネ途中までは
一緒にソファーに並んで観ていたえりサンも
12時とか1時とかとなるに従って
眠り姫病にかかりつつあるワケでして

なもんで
仕方なく先に
寒い寝室に移動して
そのままベッドに入るわけなんですけどネ

一応寒さ対策として
ベッドシーツを冬用のタオル地のものに変えたり
いつもの羽毛布団の下にもう一枚毛布を入れてみたり
そんな風に努力はしてるんだけど
だけどでも全然ダメっていうか
ほんと寒さに弱いっていうか


独りベッドの中に入って
ほとんど身じろぎもしないでじっとしてるんだけど
ちょっとした時に
不意に隙間から入り込んでくる冷気に
ガタガタ震えちゃったり
枕元の窓ガラスが
外の木枯らしに吹かれて
カタカタカタ
とか揺れちゃうだけで
もう身も心も
寒々しい面持ちになっちゃったりしてサッ

カラダを「く」の字に折り曲げて
右を下にして
右手を左の脇の下
左手を両太ももで挟み
足の甲を足の裏で交互に擦り合わせながら
なんとか徐々に暖まってきたベッドの中で
眠りに就くんですけどね


そんな涙ぐましい努力の末
小一時間かけて
ようやく暖まった布団の中
徐々に眠りに落ちていこうとしている時が
一番幸せなヒトトキ




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

深夜半
なんか夢うつつな状態…
なんとなく背中で感じる
テレビ(DVD)を消し
室内灯を消し
ノソノソをベッドに向かってくるカレの足音

そのまま
ワタシが丸く包まっている掛け布団を
大雑把に捲り上げるもんだから
一瞬にして流れ込む冷気!
逃げ出す暖気!
背中が一気に冷気に包まれつつ
「うぅぅぅぅーー寒いぃぃぃぃよぅぅぅ」と寝ぼけながらも呟くんだけど
ガバッと布団に潜り込んで
ワタシの背中にピタッと貼り付きながら
「うーーーん布団の中…暖(あった)かーーーい」と言うカレ

「温めてくれててありがとう」とか
お酒と歯磨き粉のミントの香りの混じった熱い吐息で
耳元に囁きかけられると
「うん♪暖めておいたよ♪」と言ってしまう
そんな健気(けなげ)なワタシ


ピタリと接したお互いのパジャマ越し
温かくなったワタシの背中から
冷えたカレのカラダに
どんどん熱が吸収されて
また
こっちは寒くなっていくワケでしてネ

それくらいならまだしも
ようやく暖まった足先に
カレが
キンキンに冷え切った足先をグリグリと押し付けてきて
一気に冷めていく足先

って更に!
ワタシのパジャマのゴムを引っ張って
両脇から無造作に中に両手が侵入してきたと思ったら
そのまま
その冷え切った両手指を
ワタシの暖まった胸元とか
お腹とか
脇の下とか
直に!!!触れていくワケ!!!
思わず
「ぅひぃっ!!!ちょ!冷たいよぅぅぅぅ!」とか
飛び上がりそうになりながらも囁くと
「うーーーーん えりの素肌は暖かいなー」
なんて言われちゃうと
ついついガマンしてしまう
そんな健気なワタシ


まあでも
そのまま眠りにおちていけばいいんですけどネ
少しカレにお酒とかが入ってたりする夜だったりするとネ
その
パジャマの中に入り込んでいる
暖まりつつある手指や足先が
色々とイタズラをしでかすワケで


別にワタシ的には
カレからのアプローチは常にウェルカムなんで
断った事は一度もないんですけどネ
(生理の時以外は)


そんな感じで為すがままに
背中越しに
カレの両手指が
ワタシのパジャマの中を
行ったり来たりするのを
黙って身を委ねてるワケですよ




お腹から
胸元に上がってきたと思ったら
ブラの上から胸元の谷間に指を入れてきたり
ブラのアンダーカップから
グイグイと指先を入れてきたり

そんな
色々と18禁なコトをされて
ひとしきりハァハァ(///)させられたと思ったら
スススススって
指先が
おへその周囲を通って
パジャマのズボンのゴムを引っ張って
そのままズボンの中に入り込んできてサ
右手で
ワタシの両脚の隙間に
下着の上から
指先を滑らせながら
左手ではお尻を触ってきたりしてサッ

半分眠った状態だったから
なんかちょっと
少しフワフワした感じのまま
身を委ねてたりして


でも
なんかちょっとヘンな気持ち?
ううん
イイ気持ち?
(/// )


そんなカンジで
丸く
蕾(つぼみ)のように丸まっていたカラダが
カレの指先の動きに合わせて
少しずつ花弁(はなびら)が広がるように
カレの指が動きやすいように
カレを受け入れやすいように
カラダを伸ばしながら
余計なパジャマや下着が
さりげなくで脱がしやすいような格好に
身を捩りながら持っていこうと思ったら



なんか
いつのまにか
ワタシの耳元で
気持ち良さそうに
寝息を立ててるって!!!!
なに眠りに落ちてんの!!!



ここまでも盛りあげといて何よぅ?!
おめぇら、いづまでもいづまでも、調子にのってんじゃねえかんな?
ってカンジで?
逆にサ!眠ってるトコ襲っちゃおうか?


なーーんて
軽く悶々としつつも
反対側を向いてうっすらとイビキをかいているカレの背中に
ピタッと貼りついて
小さく丸くなって
抱きつきながら眠っちゃうんだけどネー♪




どって、しょうがのいじょのいこ!
LOVEだからサッ☆

| love | 00:05 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お返事

tosiサン >
そうそう、少しずつ温まっていくのが良いんですよねー。あと休みの朝ネー♪ウンウン幸せー☆

TAKEサン >
こちらこそお世話になりました♪来年もどうぞよろしくお願いいたします☆

| えり | 2009/12/31 01:17 | URL | ≫ EDIT

こんばんは!

ご無沙汰しております^^;
毎度楽しくてそれでいてちょっと色っぽくて
オジサンはたまりませんいつも楽しませて頂いております!
来年も変わらず、楽しませて下さいませ^^
それでは良いお年を♪

| TAKE | 2009/12/30 01:54 | URL | ≫ EDIT

冷たい布団に入るときのしぐさって みんな おんなじなんだね~e そうそう だんだん 暖かくなってくる 布団あたたまってくるまで 横になって まるまって 大事なところに手をいれて だんだん温まってくると 少しずつ少しずつ 体が伸びていく幸せなひと時ですよね それとね 休みの 朝 これも 幸せなひと時ですよね

| tosi | 2009/12/28 00:40 | URL | ≫ EDIT

お返事

やじろべえ;サン >
ハイー♪そのままスヤスヤ眠らせていただきましたー(笑)

たっくサン >
ほほえましいですかー?ありがとうございますー。冷たい手足攻撃は結構ツラいもんがありますよー(笑)。

片桐小向サン >
妻じゃない?一体誰かしらー(笑)?

| えり | 2009/12/23 22:37 | URL | ≫ EDIT

気持ちは理解ります

だから僕は妻にベッドを先に暖めさせてます







・・・・・・・あ、それは妻じゃないやw (¬_¬)

| 片桐小向 | 2009/12/23 00:20 | URL | ≫ EDIT

なんかすごくほほえましくて、いいですよね~♪
でも冷たい手足に攻撃されちゃうのは、ちょっと嫌かもしれませんね(汗)

| たっく | 2009/12/22 18:33 | URL | ≫ EDIT

気持ちに体がついて行かなかったんですね。
疲れていたんでしょうかねぇ;
えりさんも、
そのまま一緒にスヤスヤ眠りに就きましょう。

| やじろべえ; | 2009/12/22 08:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://erineesan.blog104.fc2.com/tb.php/211-1931d30f

TRACKBACK

NEW | PAGE-SELECT | OLD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。