エロ(えり)可愛い姉さんのランジぇりィ

原色系な高校時代。パステル系な大学時代。 黒系なOL時代。今?基本オールマイティ(ランジぇりィの色的な意味で)

NEW | PAGE-SELECT | OLD

≫ EDIT

234、【合鍵2】U作13

【19の頃】
【ハタチの頃】
【21の頃】

………
【合鍵1】
【合鍵2】←今ココ



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



ベッドサイドで
ケイタイ越しに
彼氏の苦情を黙って聞いてくれてるU作
黙って横で聞き耳を立てつつも
身を凍らせたまま俯くワタシ



そんな時…











コンコン


「U作ーーー  いる?」


U作の部屋の扉をノックする
長髪の女性


ええええええええええええええええええええええええええええ?
どどどどどどどどどどどど
どうするのぉぉぉぉぉぉぉぉ?






前回までのオハナシ



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ワタシがですね
瞬時に何を思ったかっていうと
何よりもU作のこと!でして
(自分の心配しろって?ハハハ ホントだね)



U作の立場で考えるとサ
彼氏アリの女子(=えりサン)を自室に泊め
翌朝
その女子の彼氏からの架電
しかも
その痴話喧嘩の電話口に引っ張り出され
様々な罵詈雑言を浴びせられ
それを無言で聞かざるを得ない状況!




さらに!
輪をかけて!


予期せぬ人物(扉越しの女性)の登場!!!


まさに窮地!
まさに袋小路!
まさに絶体絶命!



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



横で聞いていても電話から漏れ聞こえる
相手の怒鳴り声
ハラハラしながら横に座って
見ていたんですけど


それまで
黙って相手の話を聞いていたU作





徐(おもむろ)に







U作「言いたいことは分かった 
 ウン よく分かった」


U作「要はーー
 このオレが最悪なコトをした…と
 彼氏アリの女の子と一晩過ごした…と
 そういうコトを責めてるワケね?」
  

U作「まー
 確かに それは事実なんで
 別に 否定はしないけど

 …で?                 











 オレにどうしろって言うの?

一瞬…
電話口の向こうが沈黙



ていうか
ねえねえ
扉の外で
コンコンってノックしてるけど…
一瞥しただけで
そのまま無視?
なんかリアクションしてあげたほうがいいんじゃ?



U作「悪いんだけどサ  一旦(電話)切ってもいい?」

U作「あー?
 あのネ!  
 今さ


 昔のカノジョが来ちゃったんだよ!
  

 えっ?今だよ今!!!!この部屋に!!!」




U作「分かる?この状況!

 マジ
 今から修羅場なんだよ!」


え?
昔のカノジョ?
あ…バツイチの…?元モデルの…?
なんとかネーゼの?


U作「は?逃げねーよ!
 別に後ろめたいことは何もないから!」


U作「オレのケイタイ番号は090-〇〇〇〇-XXXX!
 住所は ▽▽区▼▼の◎◎荘の4号室!
 いつでも怒鳴り込んできていいから!」

U作「ただし!!!

 今!!!ホント今だけは!!!
 マジメにそれどころじゃないんだよ!」



U作「お前 ほんとしつこいな!

 このオレを蔑(さげす)むのは
 それはそっちの勝手だけど
 そもそもサ!
 このコに寂しい思いをさせたアンタに責任はないワケ?




え…?


U作「本当に このコのことが好きならサ
 自分自身の行動についても
 少し考え直した方がいいんじゃネ?」


ゆ…ゆぅさく…
あんた
この状況で よく
自然とそういうカッコイイ台詞が出てくるね
やばぃ
更に惚れた///




U作「な?分かるな?  よし  じゃあ   切るからな!」

プチッ!




………
って
一方的に切っちゃった…
傍から見てても
その勢いに圧倒…

電話口の彼氏も
なんか大人しくなってた…






ひとつめの
難関をクリアしたU作を見て
我が事のように
胸を撫で下ろす
えりサン






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



U作ーー  寝てる?


ガチャガチャ
外からドアノブを回す音






一気に現実に引き戻されるワタシ!


うえええええええええええええええ
どうしよう
どうしよう
どうしよう
どうしょうううううううううううう


だって
U作…上半身ハダカ
えりサン…下着姿にU作の部屋着を肩から羽織っているだけの状態
乱れたベッドに散乱した衣類
ハンガーに掛った女物のコート
テーブルにはビールの空き缶やポテチの空き袋


そんな状況!!!
まさに
男女の営みのあった後の朝!そんな乱れ具合!
ヤヴァィっす!
せめて
せめて服くらい着なくっちゃ!

アセっておりましたら










チャラチャラ



は?
なんの音?






カチャッ








あーーーーー

いーーーーー

かーーーーー

ぎーーーーー
 










☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


そのまま

ゆっくりと
押し開けられる
木製の
部屋の扉












スローモーションのように
扉の影から現れたのは
髪の長い
スレンダーな
超美系の女性


肩下まである
軽く茶色掛ったストレートロング
パール系の上品そうなメイク
スラリと伸びた姿勢のいいボディ
ベージュの高価そうな革のジャケット
ゴールドのネックレスが揺れる白いタートル
ぴったりと張り付いた黒い革製のパンツ
肩に掛けられたバッグ


伏し目がちに部屋に入ってきて
そのまま
視線を室内に移した
その刹那!!!
まさに絶句!!!




ベッドサイドで
上半身裸のまま
薄ピンクのケイタイを持って見つめる部屋の主(=U作)
隣には
下着姿の女子(=えりサン)が
寄り添うように座っている
そんなシチュエーション!




女性「あっ!ごっ…ごめんなさい!!」
U作「……〇〇子」


女性「ホントごめん!」
U作「……な…なに? どうした?」


女性「ち…違うの!
 合鍵を返そうと思って来ただけ!」
U作「…ああ  そうなんだ」


女性「ゴメン!
 ちゃんと
 下駄箱覗いてから来ればよかった」
U作「ちょ…待って」


女性「……じゃ 本当!邪魔しちゃって ごめんなさい!」

そのまま
えりサンに一礼しながら


あわてて
手元の
ヴィトンの革製のキーホルダーから
鍵を一つ外し
そっとガスコンロの横に置き

慌ただしく
扉を閉めて出て行く彼女
俯いてて
長い前髪で隠されてたから
表情は一切見えなかったけど…





瞬時に!

傍らにあったTシャツを被り
脱兎の如く
扉を開け
廊下の彼方へと走り去るU作
玄関近くで彼女の腕をキャッチ!
…したらしく
遠くに聞こえる会話

U作「ちょっと待てって!」
女性「うん! ほんとゴメン」

U作「違うんだって!」
女性「いいの 本当にごめん!」

U作「いいから ちょっと落ち着けって!」
女性「別に 落ち着いてるし!」

U作「オレの話を聞けって!」
女性「ていうか カノジョに聞こえちゃうでしょ!」

U作「別に 違うって! 友達だよ!」
女性「……え」

U作「取りあえず 話をさせてくれ!ちゃんと話をしていなかったろ!?」
女性「……」





廊下の遠くの方で聞こえる二人の諍(いさか)い



取り残された室内
半開きの扉
否応なく
耳に入ってくる会話





しばらくして
玄関付近にその女性を残し
一旦部屋に戻ってきたU作
ジーンズに履き換え
革ジャンを羽織り
サイフとケイタイを掴み
ガスコンロ脇に置かれた合鍵を握り




U作「ちょっと ゴメンな 出てくる」
えり「…あ    ウン」


U作「マジ…ごめん」
えり「…………」


U作「本当にごめんな」
えり「……………いいよ 何度も謝らないでよ」


U作「…………あ  えと」
えり「いいから 早く行きなよ」


U作「…うん」
えり「…………」


U作「帰る時…鍵は開けたままでいいから
 どうせ盗まれて困るものもないし」
えり「ほら! 廊下で待たせてるんでしょ?」


U作「ああ   うん   …ごめん」





そのまま
静かに扉を閉めて
部屋を出ていくU作



………

独り
部屋に
取り残されたワタシ




なんか
悟っちゃった
一瞬のうちに

たぶん


あの女性が
U作のモトカノ
元モデル バツイチ 
子持ち 高級マンション住まい
まさにイメージ通りの
清楚で 
洗練されてて 
綺麗で 
大人っぽくって
セレブ


なんか
敵わないナー

そんな
虚脱感


瞬時に
どちらを選ぶかの究極の選択を迫られ
あの女性(モトカノ)を選んだU作



それだけのコト















ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ



その後も
掌の中で
何度も
しつこくバイブするケイタイ


溜息とともに
電源を切り

身だしなみを整え
U作の部屋を後にしました





できるだけ
痕跡を残さないようにして…












☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




胸元に付けられた
赤紫の小さな
キスマーク

日が経つにつれ
徐々に薄れていくように






私たちの
あの夢のような一夜も
記憶から
消え去っていくのかな…










………
そんな
21の頃のお話でした







【合鍵】編 おしまい
【22の頃】編 に続く

| 【連載】U作 | 00:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お返事

akoサン >
もうちょっと続くかも。…多分。

| えり | 2010/09/21 17:39 | URL | ≫ EDIT

えぇっっ!!

続くよね、まだ続くよね・・・(ドキドキ)

| ako | 2010/09/21 00:26 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://erineesan.blog104.fc2.com/tb.php/264-afbf08f0

TRACKBACK

NEW | PAGE-SELECT | OLD